石垣島自然んださとうきび産業

名称  石垣島製糖株式会社
沿革



昭和36年 9月
 沖縄県石垣市字名蔵243番地に石垣島製糖株式会社の名称で設立し、資本金1,525万円(5万ドル)で発足する。糖業振興に基づき小型24工場を買収し黒糖を生産販売した。
昭和37年 2月   1日あたり原料処理能力(500トン)の分蜜糖工場とするため、13,725万円(45万ドル)の増資を行う。
昭和42年 6月  琉球政府の糖業合理化対策により八重山製糖株式会社を吸収合併した。
昭和47年 6月  逐次設備を増強し公称能力を850トンと査定された。
昭和49年 8月  原料減産により大浜工場(500トン)は沖縄糖業振興協会の甘蔗糖合理化計画に基づき売却処分した。
昭和57年 9月  原料増産に伴い連続分離機設備増強、公称能力899トンとする。
平成 5年12月  さとうきび品質取引に備えてコアサンプラー及び作業室を新設した。
平成15年10月  農林水産省の甘しゃ糖製造合理化対策事業計画に基づき、ボイラー・発電タービン設備・圧搾機増設・自動分離機を設備更新し、公称能力1,000トンとする。
平成17年10月  農林水産省の甘しゃ糖製造合理化対策事業計画に基づき、清浄設備・濃縮設備を更新した。
平成21年 3月  分みつ糖製造合理化対策事業の承認を受けて環境対策に資することを目的に、排水処理施設を建設し地域環境の保全に努める。
資本金  2億6,230万円
大株主  大日本明治製糖株式会社
販売先  粗糖:大日本明治製糖株式会社
 糖蜜:大日本明治製糖株式会社

 

原料糖の船積みのようす

 当社は、分蜜糖・糖蜜の製造、販売を主たる事業としており、当社の事業内容及び関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
 地域内農家の栽培した原料甘蔗を購入し、当社にて、製造後主製品の分蜜糖は、大日本明治製糖株式会社に販売し、その他の販売量に見合った交付金を独立行政法人農畜産業振興機構から受けています。また、副産物の糖蜜も主に、大日本明治製糖株式会社に販売しております。
 
 
 以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。 

 

 

 

第60期
(自)2020年7月 1日
(至)2021年6月30日

【業績等の概況】
 
 石垣島における当期のさとうきび収穫面積は前期より40ha増え1,336haとなりました。特に春植が202haと大きく増え(前期135ha)また株出は3期連続600haを超え、作型体系の主流が夏植から株出へと移行しています。
 生育状況は梅雨明け後に軽度な干ばつがありましたが、生育期間をとおして適度な降雨があったことと、台風による大きな被害もなく平年を上回る単収となり、買入甘しゃ量は85,658tになりました。
 甘しゃ品質は、9月以降台風が接近しなかったことで青葉枚数が多く、また成熟期の11月には少雨で適度な日照時間があったことから、順調に登熟が進みました。12月には長雨で青葉の病害が発生しましたが、回復と共に糖度は上昇し、最終甘しゃ取引糖度は14.49度となりました。
 収穫形態は、機械刈取(ハーベスター)が85.7%と近年は高比率となっており今後も増加していくと思われます。刈取機械(ハーベスター)は個人所有も増加しているが、依然として不足している状況であり、関係機関や生産組合と共に石垣島における機械化の課題を共有し改善に努めてまいります。
   機械刈取原料  85.7%(前期87.0%)
   無脱葉刈取原料 12.4%(前期11.1%)
   手刈刈取原料   1.8%(前期    1.9%)
 
 当期製糖の買入甘しゃ量は76,321tと見込んで12月9日より原料搬入を開始しましたが、12月初めから雨天が続いたため工場の連続稼働に必要な原料を確保することができず、5日後の12月14日に圧搾運転を開始しました。
 1月上旬まで悪天候は続き、製糖開始1ヶ月後の時点で原料搬入量は9,377tと計画より著しく遅れた状態となっていましたが、1月中旬になると一転して天候が回復し、原料搬入及び処理が順調に進むようになりました。
 原料搬入が進む中で単収が当初想定より高いことが明らかになり、製糖前見込比12%増の85,658tの原料を処理し4月22日に操業を終了しました。
 前期は圧搾工程で原料詰りが頻発して工場処理能力が低下する問題がありましたが、過去の実績などを基に問題点を見直し、対処したことで処理能力は回復しています。
 製糖期中盤以降は安定した原料搬入と工場運転のなかで、粗糖歩留は12.26%となり産糖量10,498tと良い成績を収めることができました。
 安全衛生面については、職場における熱中症予防対策を講じ、労働環境改善に取り組むとともに新型コロナウイルスに対しては、製糖開始前に感染防止対策ガイドライン及びマニュアルを整備して対応の徹底を図った結果、前期に引き続き感染者を出すことなく無事に操業を終えることができました。今後も徹底した感染防止対策に努めてまります。
 販売面については、粗糖は大日本明治製糖株式会社の協力により全量販売することができました。
 損益面については、買入甘しゃ量と粗糖歩留がともに平年を上回ったことから売上高及び変動費は増加し、固定費は削減に努めました。その結果、売上高1,710百万円(前期1,285百万円)、売上原価1,335百万円(前期1,135百万円)、経常利益151百万円(前期経常損失60百万円)、当期純利益145百万円(前期純損失69百万円)となりました。
 これも偏に株主の皆様をはじめ多くの関係者方々のご支援、ご協力の賜物であり、深く感謝申し上げます。